BLOG
ブログ

結婚式の『型』を崩すときに注意しないといけないこと【花嫁リアルボイス】

2019.05.24

豊川の結婚式場、セレストのプランナー太田です!

最近『オリジナルウエディング』や『自由なスタイルの結婚式』など

あたりまえだった結婚式の型を崩したウエディングスタイルが人気ですよね。

例えば私がプランナーになったばかりのときは【高砂ソファ】なんて存在していませんでしたし、

今人気の【ドライフラワー】も使う人はほとんどいませんでした。

高砂ソファ↓

決められた型を崩すことで、よりおふたりらしい世界観が作れたり、ゲストが喜ぶのであればどんどん新しいスタイルを取り入れていくと良いと思います✨

ただ注意したい点も。

ある花嫁さんが友人の結婚式に参列されたときのできごとです。

とにかく変わったことをしたい!と考えた私の友人の結婚式は、進行が一般的な披露宴とだいぶ違っていました。
ゲストがみんな顔を見合わせて「えっ?」っていう反応で・・・^^; かなり戸惑っていました。(埼玉県卒花嫁Hさん)

 

あえてここでは具体的な内容は記載しないでおきますが、プランナー歴12年の私は未だかつて見たことのない進行内容でした。

変わったことをしたい!と思うがあまりゲストがどんな気持ちになるかまで考えられなかったんだと思います。

結婚式は当日になってみないと予測がつかないことも沢山あります。

でもなるべく色んなことを想像して、ゲストの気持ちになってみると進行や演出も決めていきやすいかもしれませんね。

 

今回の花嫁さんの声を聞いて、プランナーとして『おふたりらしさやオリジナリティ』を追求しながらもしっかりとゲストへのケアができるような結婚式作りを心掛けたいと改めて思いました。

新郎新婦さんの希望をただいわれるがままカタチにするだけでなく、アドバイスもできるようにならないとなーと思いました。

花嫁さんのリアルボイス!

とても勉強になります!!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結婚式のお悩みやDIYに関するご質問などお気軽にご相談ください✨

LINEでできる無料相談はじめました

友だち追加

現在までの相談件数 152件

 

プランナー太田Instagramはこちらから↓

 

セレストHPはこちらから↓

 

Photoback

お気軽にご相談ください
CONTACT

営業時間 11:00~19:00(休館日 月曜日)