BLOG
ブログ

結婚式をするということ

2020.08.12

豊川の結婚式場ゲストハウスセレストのウエディングプランナー太田です。

久しぶりのブログ更新…。

コロナの影響で結婚式の延期や中止がでてきてしまい、このままでは【結婚式】というセレモニー自体が無くなってしまうのではないかと不安に思う毎日です。

今後結婚式をするお客様がいなくなれば、ウエディングプランナーというお仕事を続けていくことができません。

このような状況になって改めて、『結婚式をする意義』や 『私がウエディングプランナーをしたいと思った理由ってなんでだっけ

?』と考えてみました。

結婚式をする意義…

初めて式場見学に来るお客様に毎回私が聞いていることがあります。それは

「結婚式を行わない人もいる今の時代、おふたりが結婚式をしようと思ってくれたのはなぜですか?」

お客様からの返事は様々です。

「結婚式は挙げるものだと思っているから」←これは特に新婦様の意見が多い。

「親に挙げてほしいと言われたから」

「けじめをつけたいから」←これは新郎様の意見が多い。

「友人や親に感謝の気持ちを伝えたいから」

「おじいちゃん、おばあちゃんに晴れ姿を見せたい」

「なんとなく(笑)」

など。この思いを聞いて、私なりにお客様の思いを大切にプランナーとして寄り添ってきたつもりです。

 

私がなぜプランナーを続けているのか?も考えてみました。

以前は「私を選んでくれるお客様に全力を注ぎたいから」でした。私を選んでほしい!そんな想いが強かったです(笑)

セレストにきて、「太田さんだからセレストで結婚式したいです!」というお客様に出会って本当に幸せでしたし、自分の持てる力は全力を出したいと自然と思えてここまでやってきました。

でもそれだけならウエディングプランナーでなくても良いのではないかとも思います。

実際自分が今通っている美容院も、ネイルも、その他のお店も全て『人』で選んでいて、他の職業でも私を選んでもらえる場所があるかもしれません。

ウエディングプランナーという職業に私がこだわっていた理由は何なのか…

 

改めて『夫婦』とか『結婚』ってなんだろうと考えます。

今まで本当に沢山のご夫婦を見てきました。

結婚式の準備を通して、相手の新たな部分を知ったり、ときには衝突するご夫婦もいました。

それでも相手を理解し、話し合い、協力して結婚式当日を迎える。今まで出会えた大切な方に感謝の気持ちを伝える。祝福される。

そんなご夫婦の姿を一番近くで見てきました。

毎回結婚式のお手伝いをさせていただく度、「幸せ」という言葉だけでは表現できない、なんとも言えない気持ちになります。

 

しかし今まで結婚式のお手伝いしてきたご夫婦でも残念ながら別々の道を歩むことになった方もいます。

離婚することが必ずしもダメなこ選択だとだとは思いません。

でもせっかく出会い、惹かれ合い夫婦になったおふたりなのだから、できたら幸せな家庭を築いていってほしいし、結婚生活の中で壁にぶつかったときは結婚式を行ったこと、そのときの気持ちを少しでも思い出して乗り越えていける夫婦が1組でも増えてほしい。

改めて「夫婦」になるということを結婚式を通して感じてほしい。

そんな結婚式を創ることが私のプランナーをする理由のひとつ。

そんなことを考えました。

それは決して簡単なことでは無いとは思います。

結婚を経験してない私の甘い理想なのかもしれません。

この先どのくらいウエディングプランナー太田でいられるか、正直わかりません。

でも今お手伝いさせていただけるお客様との時間を大切に、過ごしていきたいと思います。

 

書きたいことが、あんまりまとまらなくて、長々とすみません(^^;)

最後までお読みいただきありがとうございました(⌒∇⌒)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください
CONTACT

営業時間 11:00~19:00(休館日 月曜日)